入局のご案内

当医局はアナタを必要としています。

ニーズがありながらも、人口当たりの専門医数が先進国中最も少ないという日本の放射線科分野。

現在、日本における放射線科専門医はまだまだ不足しており、CT/MRIなどの画像診断検査数(人口当たり)は世界第二位というデータがありながら、人口当たりの専門医数は先進国中最も少ないというのが現状です。そして、放射線治療医はさらに少ないと言われていますので、どれだけ日本の放射線科医が頑張っているかお分かりでしょう。

つまり、放射線科分野はまだまだ売り手市場!であり、今後も発展が見込める医療分野なのです。だからこそ、あなた達、若い・やる気のある医師を、当医局は心から必要としています!福岡大学病院で我々と一緒に、放射線医学を極めていきませんか!?

米国並みに癌治療のニーズが高まった場合、1300人もの放射線治療専門医が不足してしまう現状。

福大放射線科への入局の案内、ニーズがあるが不足する放射線科ドクター

がん対策基本法で放射線治療は重点支援項目となっています。日本放射線腫瘍学会の構造調査によると、米国並みに60%のがん患者が放射線治療を受けるとすると、現状の放射線治療専門医が平成23年度約600人ですが、さらに1300人が必要となり若い医師たちの育成が急務となっています。

癌治療を担当する内科医、外科医と密に情報交換を行いチーム医療が重要です。当院の癌治療スタッフとなり、私たちとともに、日本の癌治療を多いに発展させていきませんか?

Dr's Dr と称される放射線科医。

全ての診療科との「チーム医療」を専門的知識によりサポートすることから、「 Dr's Dr 」と頼りにされる存在、それが「放射線科医」。

診断系、治療系ともに多くの院内カンファレンスを定期的に開催しています。基本的には、我々は臓器、部位を問わず「全ての診療科」と連携して「チーム医療」に貢献しています。 放射線科診断医および治療医により、画像診断、癌治療における病院合同カンファレンスで専門的な意見を求められ、その見解により治療方針が決定していきます。

読影資格により、遠隔診断も可能となります。

在宅での遠隔画像診断も可能となるため、あなたのライフワークに合わせて仕事が選択できます。

放射線医学は最もITの恩恵を受けやすい科の一つです。例えば遠隔画像診断。日本放射線医学会では、将来的には放射線診断専門医の中で、学会の指定する講習を受ければ遠隔画像診断をする資格を認定する構想があります。

読影資格を活かし、結婚後も自宅で読影することも可能ですし、留学した場合でも日本の画像診断に海外から貢献する事も可能となり、あなたのライフワークに合わせた仕事が選択できるのも放射線科の魅力の一つです。

■関連リンク

見学の流れ

毎年、さまざまな見学者の方にお越しいただいています。

短い時間での見学ですので、なるべく各グループチーフとのマンツーマンの部門見学を出来るように調整します。見学日の夜の懇親会で早速、入局を決めた医局員もいます。

当科への見学は随時受け付けています。見学プランをご参照ください。

火曜・木曜日がお勧めです。

腹部画像診断外来、乳腺外来、IVR(血管内治療)外来、放射線治療外来、放射線内用療法外来キャンサーボード、他科との合同カンファ..etc 曜日によって外来や検査内容に特色があります。

原則として各セクションのチーフが対応いたしますが,さらに,若手の先生に業務内容や環境について直接相談できる機会を設けています。具体的な見学スケジュールの例は左の図をご覧ください。

研修医のみなさんのご希望に調整いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

特にここは見ておきたいという希望があれば申し出てください。担当者が調整いたします。1日、半日の短い時間ですので、効率よく福岡大学放射線科の見学をして頂きたいと思います。なんでもお気軽に相談してください。

入局者VOICE

Dr.長町 茂樹
(病院・准教授)

アットホーム

各グループ毎に診療・研究を行っていますが、各グループの専門性で放射線科内でも助け合っています。皆、仲よく、懇親も兼ねた食事会・飲み会をよく行っています。

Dr.赤井 智春 (病院・助教)

柔らかい雰囲気の中で仕事ができます。そんな中、様々な機器の進歩からくる、新しい検査・治療を学べると思います。

Dr.高木 愛子 (病院・助手)

温かい職場です。

入局前に想像していた通り、温かい職場です。3年目となり環境が変わったので、不明な点も多いのですが、その都度先生方にはよく相談にのっていただいています。

見学フォーム

お名前

E-mail

Phone

見学希望日

備考 (質問等)

見学のお問い合わせ

見学会へぜひお越しください!

当教室では見学者を募集しています!

このお問い合わせフォームから、簡単にお問い合わせいただけます。

また、担当医の医局長:浦川博史まで、メールやお電話(092-801-1011[内線3415] )から、ご連絡いただいても結構でございます。

医局へのアクセス

福岡大学医学部放射線医学教室 医局

〒814-0180 福岡市城南区七隈七丁目45-1 ( Google Map )
TEL:092-801-1011(内線:3415) FAX:092-864-6652

地下鉄でお越しの方へ 

七隈線「福大前駅」での下車となります。下車後、徒歩3分です。

改札口を出て右側(2番出口)が福岡大学病院方面となります。

空港線「福岡空港」「博多駅」からの場合、「天神駅」での乗り換えです。天神地下街を通って七隈線「天神南駅」からの乗車となります。

地下鉄七隈線の時刻表を見る(外部サイト)»

西鉄バスでお越しの方へ

「福大病院バス停」での下車となります。(乗車時に福大病院経由を確認してください)

・天神から(所要時間 約30分)

天神警固神社前、天神1丁目乗り場からの場合、140番、14番のバスにご乗車ください。

天神協和ビル前(10)乗り場、あるいは天神福ビル前(12)乗り場からの場合、140番のバスにご乗車ください。

・博多駅から(所要時間 約40分)

博多駅前バス停(A)乗り場から18番、あるいは、福岡交通センター1階(4)乗り場で114番のバスにご乗車ください。

西鉄バスの時刻表を見る(外部サイト)»

自家用車でお越しの方へ

・九州自動車道、福岡都市高速道路を利用する場合

九州自動車道、大宰府ICより福岡都市高速道路を経由し、野多目・堤方面へ左折後、堤ランプで降車。

そのまま国道202号線(福岡外環状線道路)に入り2kmほど直進後、福大トンネル手前を右折し福岡大学病院方面に向かい福大病院東口交差点を右折してください。

・唐津方面からの場合

西九州自動車道(福岡前原道路)の拾六町ICより福岡外環状道路を利用し、福大トンネルを過ぎて左折してください。

・国道202号線バイパスを利用する場合

六本松方面から来られる方は、別府・中村学園大学前の交差点を左折し、直進してください。七隈四ツ角を進むと右側に病院が見えてきます。

原方面から来られる方は、荒江四ツ角を右折し、野芥四ツ角を左折して直進し、病院南口より入ると正面に病院が見えてきます。

医局までのルートを確認する (アクセスページへ)»

放射線科医局は研究棟別館の4階にあります。病院本館とバス停の間の道を、左手に緑とベンチをみながらまっすぐ進んでいただき、渡り廊下の手前で左手に曲がり、右斜め前に見える建物に入ります。

入ってすぐに、左手に曲がり進むと、そこが研究棟別館です。エレベーターがございますので、4階までおあがりください。