医局だより

開催延期のお知らせ:第34回日本腹部放射線学会は2021年へ

2020.04.07

今年2020年の6月19日(金)~20日(土)に当科主催予定だった第34回日本腹部放射線学会は新型コロナの影響で、残念ながらもなんとか延期の方向で調整を続けておりましたが、やっと正式日程が決まりましたのでご報告申し上げます。

 

変更後の開催日は

2021年6月16日(水)~17日(木)です。(会場はそのままJR九州ホールで変更ありません)

 

現在の段階で当学会に多大なるご協力・ご支援をいただいていた皆様には大変申し訳ございませんが、更によりよい学会となるよう尽力して参りますので何卒ご理解・ご協力の程何卒宜しくお願い申し上げます。詳細については運営事務局の方と調整しまして今後お知らせしていきます。

 

大会長 吉満研吾

 

第34回日本腹部放射線学会公式サイト

http://www.jsar.jp/34th/index.html

 

34腹部放

2020年度4月の人事

2020.04.01

本日よりいよいよ新年度がはじまりました。朝からあいにく雨模様ですが中庭の桜は満開です。今年はフレッシュな3人が入局いたしました!

 

狩野遊太(かのうゆうた)先生、筋田柚衣(すじたゆい)先生、津田真司(つだしんじ)先生の3名です。とても優秀な3人組です。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

新人さん2020

 

左から吉満教授・狩野・筋田・津田・浦川医局長

 

 

Dr.野々熊の退職に伴い、今月から講師に昇格したDr.浦川博史が医局長を再度務めます。

病棟医長はDr.赤井智春、外来医長はDr.坂本桂子の変更はありません。

 

 

また、今月から筑紫病院に異動になりましたDr.藤田一彰とDr.本田学の入れ替わりで、Dr.後藤和貴とDr.西山麻理恵が戻ってまいりました。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

藤田先生、本田先生、筑紫病院でも頑張って下さい!

「乳癌の臨床」賞優秀賞受賞

2020.03.25

放射線科非常勤医師のDr.藤光が第14回「乳癌の臨床」賞優秀賞を受賞いたしました。藤光先生、共著の先生方、受賞誠におめでとうございます。

 

 

受賞タイトル:

「造影超音波は乳腺病変の良悪性の鑑別に寄与するか?ー166病変についての検討一」

 

著者:藤光律子、島倉樹子、青木光希子、吉永康照、浦川博史、坂本桂子、吉満研吾

 

乳癌の臨床34(2):133-140 2019年4月

 

1藤光受賞bokasi正

 

左から吉満・青木・藤光・島倉・吉永

 

42shotbokasi

 

おめでとうございます。これからも頑張って下さい!

Dr.野々熊送別会

2020.03.25

2020年3月13日に野々熊先生をはじめとする先生方の医局での送別会を予定しておりましたが、New coronavirusの影響でキャンセルとなってしまいました。大変残念ですが仕方ありませんね。

 

野々熊先生、長きにわたり福岡大学放射線科に多大なる貢献をいただきありがとうございました。

4月からは非常勤医師として福大病院には貢献していただきます。

 

 

愛弟子

 

RI部門の長町教授とともに (愛ある師弟関係)

 

 

 

 

 

野々熊最終日

 

新天地のきむらしろうクリニックでも頑張って下さい!

 

Dr.城間送別会

2020.03.18

 

コロナウイルスの影響で、送別会や歓迎会が相次いでキャンセルになってしまいましたが、

2020年3月18日(水)、医局内に今日いる人達だけでお昼に城間先生を囲む会をいたしました。

 

城間先生、沖縄に戻っても頑張って下さい!研修医の大林先生も短い期間でしたが整形外科でぜひ活躍して下さい。

 

城間送別会

(写真左から角田・伊東・田中・大林・長町・佐藤・城間・柳澤)

映子さん、豚足やウインナー・味噌汁など色々なおかずをありがとうございました♪

 

 

しろま

 

プライベートではフルマラソンに出場したり、博多座デビューしたり、各地をまわったりして充実した一年でしたね。

 

惜別の別れ

惜別の別れ: 一年間よく頑張りました。またいつか戻ってきてください。

 

 

Dr.城間よりコメント:

 

至らぬ点も多くご迷惑をおかけしたと存じますが、ご指導、ご鞭撻いただきありがとうございました。福岡大学病院での経験を生かし、今後も励んでまいります。この一年間、本当にお世話になりました。

見学会へお越しください!

当教室では見学者を歓迎しています!